HOME > 製品・サービス > 研究会活動 > カテゴリーマネジメント研究会 > ※次回の月例研究会

カテゴリーマネジメント研究会

製配販協働取組みの新たな切り口を模索し、店頭の活性化を目指す

CGC加盟企業様、メーカー様、卸様の製・配・販が集まり、それぞれの持つ情報、経験などを共有しながら、POSデータ、ID‐POSデータ等も活用し、店頭活性化のための取組みを模索し、実践、検証を行って参ります。
【参加企業】CGC加盟企業:9社 卸:7社 メーカー:22社

次回の月例研究会のご案内

2019年3月度 月例研究会講演概要



日時 2019年3月22日(金)13:30~16:30
場所 住友不動産西新宿ビル16階 シジシージャパンA・B会議室
(東京都新宿区西新宿7丁目20-1)
講演

台風接近、地震発生、実際の販売動向から考える売場対策

株式会社True Data 気象予報士 常盤 勝美 様
▽概要
・気象条件と商品需要の関係
・近年の異常気象の傾向
・台風接近時の売れ筋、傾向と対策
・大地震発生時の売れ筋

昨年2018年は、年間の世相を表す漢字一文字に『災』が選ばれるなど、様々な自然災害が発生し、人々の生活に大きな影響を与えました。特に人々の生活に影響の大きい台風接近時と、大地震発生時の実際のPOSデータから当時の売れ筋を確認し、売り場の対策とお客様へのアピールポイントを考察していただきます。
▽講師略歴
筑波大学大学院にて理学修士を取得後、民間気象会社で、流通気象、金融気象、建設気象等の営業及びコンサルティングを担当。2018年6月より株式会社True Dataに移り、流通気象コンサルタントとして自社のもつID-POSデータと気象データを融合した分析やそれに基づく流通小売へのコンサルティングなどを行っている。
『食品商業』(商業界)や『常盤勝美の2週間天気予報』(商人舎ブログ)を連載中。
著書に『だからアイスは25℃を超えるとよく売れる』(商業界)、『今日からできるウェザーマーチャンダイジング入門』(商業界 共著)など。
報告

[事務局報告]今期活動まとめ、来期活動計画

CGCカテゴリーマネジメント研究会事務局
▽概要
・第26クール(2018年度)のまとめ、各種活動報告
・第27クール(2019年度)活動計画

印刷用PDFをダウンロード


研究会活動

カテゴリーマネジメント研究会

お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい。

03-3369-2109
 
平日:8:50~17:50
お問い合わせはこちら
電子マネーCoGCa(コジカ)
CGCグループ共通商品券
CGCグループ
採用情報
このページのトップへ